ホーム

コーン油

試供品

ホットタオル

ピーリング

角質を取る

ヘアケア製品

月刊誌

サイトマップ

コスメティックスは成分へのこだわりが大切

紫外線をカットできるコスメティックス

お肌の良好な状態を維持する為には日々のボディケアが重要になりますが、
ボディケアの中でも特にしっかりと行いたいのが化粧品によるエイジングケアと紫外線対策です。

紫外線というのはお肌に大きなダメージを与えてしまいますし、
シミやシワの発生を促進する原因にもなってしまいます。
特に夏場は強い紫外線が降り注ぎますので、しっかりと対策をする必要があります。

紫外線が強い

そこで役立つのが紫外線をカットする事ができるコスメティックスですが、
ipsコスメティックスは頻繁に使用する事になりますので、お肌に優しい物を選ぶ事が大切です。

特にお肌が弱い方は低刺激のコスメティックスを使うようにしないと、
コスメティックス自体によってお肌を傷めてしまう事にもなりますので注意が必要です。

コスメティックスを選ぶ際には、まずサンプルなどを試してみる事が大切と言えます。

サンプルを試す

たとえお肌に優しいという謳い文句の商品でも、人によってお肌との相性は
違ってきますので、まずは自身のお肌と合うかどうかを確認してみる必要があります。

紫外線への正しい理解が美白への道!赤外線との違いとは

太陽の光には、目には見えませんが熱として感じることができる赤外線と、目には見えますが熱は感じない可視光線、そして目には見えず熱も感じない紫外線の主に3種類があります。

さらに紫外線には、波長の長さによってA・B・Cの3種類に分けることができます。
紫外線Aは波長が最も長く、肌の奥まで届き、しわやたるみの原因となり、紫外線BはAよりは波長が短いですが、肌の表面に届くので、しみやしわの原因となります。
紫外線Ⅽはオゾン層に吸収され、地表まで届きません。
紫外線を直接浴びると、その部分が火傷をしたような状態になります。

これを防ぐために日焼け止めがあります。どのようなシーンで紫外線をあびることにのるのか、状況をよく考えて選ぶことが大切です。 日焼け止めのPAは紫外線Aに対する効果を示しており、SPFは紫外線Bに対する効果を示しています。
どちらの数字も高いほうがより大きな効果を期待することができますが、目安としては、日常生活の中で郊外を散歩する程度であればSPF10以上、PA+以上、野外でスポーツをするときには、SPF15以上、PA++以上、そして海やプールで遊ぶときは、SPF30以上、PA+++以上のものを選ぶと良いでしょう。

 

紫外線ケアコスメに含まれる成分をおさらい

日焼け止めには、紫外線を防ぐ成分が配合されています。
紫外線防止剤とひとくくりにまとめられていますが、いくつかのする胃があるので知っておくと便利です。

その一つとして金属酸化物で反射させる方法、紫外線を熱エネルギーに変える成分で吸収させる方法と、抗酸化作用のある成分をつかって活性酸素の生成を抑制する方法の大きく分けて3つになります。
これらは、反射材と吸収剤と抗酸化剤としてカテゴリー分けされており、それぞれが異なる特徴を持って日焼け止めの中で作用するのが特徴です。
一般的に、強烈な紫外線をブロックするために使われるのは吸収剤です。

これは、SPF値が高くウォータープルーフでスポーツやレジャーに最適な日焼け止めに使われることが多い成分となっています。
強力に紫外線をカットしてくれる反面肌が弱い人には刺激になることがあるので注意が必要です。

反射させて防ぐタイプなら、肌がデリケートな人でも使いやすく実際に、敏感肌用の化粧品にはこのタイプが採用されています。
強烈なUVカット効果があるわけではありませんので、レジャーやスポーツなどには適しいていません。

しかし、こまめに塗りなおすことによって日焼けや肌のダメージを防ぐことができます。
無理をして、吸収させるタイプを使うとアレルギーや肌トラブルの原因になることがあるので注意が必要です。

もうひとつ、活性酸素を防ぐために抗酸化作用がある成分を配合されたものですが、こちらは理には適っていますが補助的な役割が強いため、強力なUVカット効果があるというものではありません。

しかし、活性酸素は肌を老化させたり様々なダメージを与えることがわかっていますので、美肌やアンチエイジングのためにもなくてはならない成分です。
日焼け止めに含まれる成分は、自分に合ったものを選ぶことで肌を美しく若々しくさせられますしダメージも未然に防ぐことができます。

しかし、ipsコスメティックスのように肌に優しい成分のみで作られているものなら安心して使うことができますが、そうでないものがあるのも実情です。
肌に優しい成分で作られた、ipsコスメティックスの製品をはじめとしたスキンケア感覚の製品なら、毎日のUVケアを行うときに美肌効果も得られますし負担もありません。

レジャーやスポーツなどでは、ウォータープルーフタイプが重宝しますが、その時には専用のクレンジングが必要になることもありますので注意しましょう。

 

Copyright©コスメの成分 All Rights Reserved.